Online
News & Magazine
Blog
LAILA VINTAGE
TOP > Blog > SHIRT/DRESS

SHIRT/DRESS

17.7.2014

 

メンズのアイテムでも女性が身に纏うとグッと印象が変わったり。

 

シャツもそんなアイテムの一つです。

 

DSCF7208

 

女性がメンズのアイテムを取り入れるときこだわりたいのは素材感。 こちらは着込んでいくうちに柔らかくなった素材がすっきりとしたシルエットをつくりあげてくれます。

今回はこちらのシャツを一枚でさらっと。

 

DSCF7179

 

アクセサリーはブラウンで統一してグッとシックな印象に。

メンズのアイテムですがこの身体が泳ぐフィット感がかえって女性らしさを際立たせます。

 

私も普段、メンズの柔らかい素材のシャツをワンピースのように着ているのですが 一枚で着ても様になるので本当に重宝していますよ。

 

それに女性が着るオーバーサイズのシャツってなんとも言えない魅力がありますよね…

 

shirt3

 

shirt2

 

shirt5

 

shirt4

 

それぞれタイプが違うのでその魅力も様々ですが このラフな感じが最高に素敵です。

 

そう言えば最後にジーン・セバーグの写真を貼ったのですが 映画の中の彼女のスタイルって本当に魅力的ですよね。

 

jeanseberg

 

こちらは、ゴダールの『勝手にしやがれ』の有名な有名なワンシーン。

 

私は昔から映画が好きだったのですが 中学生の頃に観たリュック・ベッソンの『グランブルー』がきっかけでフランス映画に興味を持ち始め… そしたら一通りゴダールとかトリュフォーとかに手を出しますよね…

 

http://cialisonline-bestoffer.com/ # http://onlinepharmacy-rxoffer.com/ # viagra for performance anxiety # kamagra oral where to buy cialis in singapore jelly # http://genericviagraonline-tabs.com

もうこのスタイルは衝撃的でした。

 

これほど“小粋”という言葉がしっくりくるスタイルはないかと思います。

viagra can you buy over counter  

実はその前にUKが入って『トレインスポッティング』や モッズ映画の金字塔『さらば青春の光』なんかに影響を受けた青春時代を送っていたのですが…

 

音楽もUKロックからフレンチポップスへ…

  cialis-vs-viagra-pricesbest

そう言えば、UKロックとゴダールと言えば『ワン・プラス・ワン』という映画がありました。

 

1968年、6月 ロンドンで『悪魔を憐れむ歌』のレコーディングを行うローリングストーンズの姿を収めたドキュメンタリー映画なのですが ゴダールらしく政治的なメッセージも強く、内容も難解。 当時は全く意味が分からずストーンズ×ゴダールという部分だけに満足していたのですが また今見直してみると違った感想を持つのかもしれません。

 

なんてことをふと思いました。

 

「そう言えば」から随分話がそれてしまいましたが、こういった話の広がり方って楽しくって好きなんです。

 

今回ご紹介のアイテム 他にも様々なテイストのもののご用意がございますので、皆様是非お試しになってみて下さい。

 

DSCF7205

 

Facebook : Laila Vtg
Instagram :LAILA_VINTAGE
TEL:03-3406-4088
E-mail:info@laila.jp


LAILA VINTAGE 康

1 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 231